若返りサプリランキング!レッツアンチエイジング

若返りサプリランキング!これでアンチエイジング

アンチエイジングにおすすめの食事や食べ物は?

 

 

普段から美容にいいことをしたいと考えているのであれば、まずは食生活を見なおして栄養バランスを保つようにしていかなくてはなりません。色々な料理や食べ物がありますが、最近アメリカでも注目されてきているのが、マクロビオティックとよばれるものです。

 

このマクロビオティックというのは、美容だけではなく健康も維持するための健康法になっているのですが、その大本になっているのは、東洋医学で言うところの陰陽と、和食だと言われています。和食というのは、本来であれば、玄米菜食になっていました。

 

あまり肉類を食べずに、階層や魚介類、穀類、大豆などを食べていたため、栄養バランスがとても優れている料理になっていたのです。そして、その和食が世界でも注目されるようになり、和食ブームになっていったのです。

 

その和食でよく使われている食材で、栄養価がとても高く、反対にカロリーが低い食材が9つあるのですが、この9つの食材はエイジングケア作用が期待できるため、毎日食べるようにしたいところです。

 

・しいたけなどのようなきのこ類
・豆類
・海藻類
・玄米やお米
・野菜
・ゴマ
・魚
・発酵食品
・イモ類

 

人間にとってタンパク質というのは非常に重要な栄養素になっています。また肌や細胞を作るために必要不可欠になっています。ただ、肉類のような動物性蛋白質ばかりを食べてしまっていては、血中コレステロール値が高くなってしまう危険性があります。

 

ですので、アボカドや大豆などのような植物性蛋白質を積極的に摂取するようにした方がいいでしょう。大豆やアボカドは植物性蛋白質も多いですが、ビタミンEもたくさん含まれていますので、抗酸化作用を得やすくすることができるという点もメリットになっています。

 

インナーケアで肌を若返らせよう

 

体の表面だけのお手入れをするのではなく、体の内側のお手入れをすることも大切です。この体内部のお手入れをすることをインナーケアと言います。肌の状態というのは体内部の健康と密接な関係があります。

 

どれだけ体の表面のお手入れをしているとしても、内部の状態が悪いのであれば、ちゃんとした効果を得ることはできませんこのような場合は、若返り サプリを使い体の内側のお手入れもすることで効果を得られるようになるかもしれません。

 

しっかりインナーケアをしなかった場合、新陳代謝も下がってしまって、肌の細胞の入れ替えができなくなってしまい、いろいろな肌の問題が生じてしまうことになるかもしれません。では、このインナーケアとして、どのようなものがあるのでしょうか?すぐにでも始められるインナーケアの方法についてご紹介をします。

 

インナーケアをしていくのであれば、生活習慣を改善していくようにしなくてはなりません。これまで当たり前のように過ごしてきた生活習慣を改善させるというのは、簡単なようで難しいものです。ですが、少しでも早く生活習慣を改善させるようにすることで、今後の肌の状態にも大きく影響をあたえるのだと思うようにしてください。

 

生活習慣でまず見なおす必要があるのは、食事と睡眠です。肌細胞というのは就寝時に生成されています。ですので、熟睡できるようにしていくというのは、インナーケアにとってとても重要な事なのです。

 

また、普段の食事の栄養バランスなどについても見直すようにしましょう。肌の表面に肌に良い成分を浸透させることももちろん大切ではあるのですが、体の内部からも肌に良い成分を供給できるようにしていかなくてはなりません。

 

また、腸内環境を整えることも大切です。腸内環境が悪くて、悪玉菌が増えていると、毒素などを大量に作るようになってしまいますし、便秘になってしまいますから、それだけ肌の状態も悪くなってしまいます。

 

そして、しっかり運動をすることも大切です。体を動かさなかったら、体全体の血液の流れも悪くなりますし、代謝も下がってしまいます。これによって、肌の新陳代謝も下がってしまいますし、栄養不足になってしまい、くすみなどの原因になってしまうのです。

 

アーユルヴェーダでおすすめの若返りハーブは?

 

ターメリック
ターメリックには肝臓の解毒作用のサポートや胆汁の分泌を促す作用があると言われているクルクミンが含まれています。そのため、体の中の有害物質を排除しやすくなるだけではなく、貧血や糖尿病に対しても効果が期待できると言われています。

 

プリンガラージ
肝機能を高めてくれる働きがあると言われるハーブになっており、視力を回復させたり、強壮剤として用いられることもあります。また、育毛ハーブとしても以前から使われており、髪を黒々にしてくれるとされています。

 

インディゴ
日本でも以前から染め物をするときに用いられてきました。かなり協力で体質によってはアレルギー反応が出てしまうのですが、非常に強い抗菌作用があると言われており、毛髪にいいと言われています。

 

カシア
黄色の大きな花が特徴のカシアなのですが、このアシアの葉っぱの部分を天星で乾燥にしてハーブとして使われてきました。頭皮の痒みやフケなどの抑制をする働きがあると言われています。さらに、髪を乾燥から守ってくれるため、毛髪にコシが生まれやすいとされています。

 

 

これらのアーユルヴェーダでおすすめのハーブを全身に活用することで、体全体を若返らせることができるようになるかもしれません。

 

まずハーブのパウダー25gを100ccのお湯の中に入れてかき混ぜましょう。そして、しっかり混ぜたら、全身に塗りこんでいきましょう。ただし、インディゴやヘナは着色してしまいますので、毛髪以外には使わないようにしてください。

 

全身に塗ったら、まずは顔に対してスクラブマッサージをしてください。顔が終わったら、体全体も同様にマッサージをしていくのですが、まずは肘やかかとから始めるようにしましょう。

 

マッサージが終わったら、5分ほどそのまま放置をしておき、あとはシャワーで上からしっかり洗い落としていきましょう。あとは、普通にシャンプーをしたり洗顔をするだけです。

 

全身を塗るのであれば、若返り作用があるアーマラキーを使ってみるといいでしょう。ピーリング効果があると言われていますから、古くなった角質を取り除いて新しい肌細胞に入れ替えやすくすることが可能になります。

 

更新履歴